知的財産開発システム

Intellectual property development system

> 知的財産開発システム > 知財システム開発事例

知財システム開発事例

特許検索や出願管理などの、各社共通した知財システムとは異なり、知財戦略や業務管理など企業ごとの社内システムでは、独自の開発と運用が必要となります。 アイピーファインでは情報処理技術に加え、知的財産権に関連する法律や専門用語の知識や実務に精通していますので、提案型の開発を短期間で行えます。

  • 戦略系

    見える知財戦略マネジメントシステム

    大手企業様向けのシステム。知財戦略開発テーマの最新の推進状況が、発明開発~権利活用までの「ステータス自動表示技術」の開発により一目で分かるなど、 "戦略テーマの見える化"を自動で可能にしました。

  • 戦略系

    戦略マネジメントマップ(SPM)システム

    中期技術開発テーマの探索と戦略的な先行発明開発の為に開発 されたシステムです。 階層機能ツリー型パテント一行マップの作成が特長で、弊社戦略コンサルティング「U'Method」のツールとして効果を発揮します。

  • 管理系

    知財生産管理システム

    出願1件毎のステータスを集計し、出願年度別のステータス件数マトリクスをリアルタイムに表示します。 全体の他、開発テーマ別や事業分野別などの表示も可能で、出願・権利化業務のマネジメント環境を構築できます。

  • 管理系

    特許(出願・実績)報奨システム

    特許報奨業務は、それぞれの企業によって異なりますので、企業様毎の受託開発として開発する必要があります。 社内報奨規定、権利評価業務の流れ、出力書類をご提供いただければ、開発提案書を作成することができます。

  • 管理系

    国内外特許支払年金シミュレーションシステム

    国内・海外に数多くの特許権を保有する企業様向けに開発したシステムです。年度予算管理に基づき、国別権利評価情報と権利放棄情報の条件設定により、 翌年度の年金シュミレーションをいろいろと行う事ができます。

  • 管理系

    知財担当者向け業務推進管理システム

    出願申請や特許事務所との業務管理、対特許庁業務など徹底した期限管理が求められます。 社内の仕組みと規模に応じた個人毎の知財業務管理をサポートするシステムを構築することができます。

  • 業務系

    知財業務の各種ワークフローシステム

    日常の各種知財業務の他、至る所で知財-技術間の評価業務が必要です。知財ワークフローシステムは、業務の効率化とスピードアップに不可欠なシステムであり、 目的、規模、仕組みに合わせた最適なシステムを構築することができます。

運営/代理店サービス